結婚式場の選び方│生い立ちムービーや似顔絵の作り方も紹介します

結婚式

自作での作製も可能です

ウェディング

結婚式で生い立ちムービーを披露する際、その作製は自作か式場スタッフにやってもらうかの選択肢があります。スタッフに依頼すると楽ですが、どうしても機械的な編集になります。自作だとオリジナリティを加えることができます。

Read More

賞品を選ぶときは

フラワー

結婚式の二次会などに配られる景品は、そのチョイスがとても大切です。景品には大賞。副賞、残念賞などのようにランクをつけることが大切ですが、そのときはそれぞれの賞に大きな差を設けるのがポイントになります。

Read More

式のスタイルを決めよう

式場

名古屋の結婚式場をお探しのカップルは多いと思いますが、式場を決める前に自分たちの結婚式のスタイルを考えることが大切です。一口に結婚式といっても、教会式から仏式、神前婚など様々です。最近では海外の挙式も盛んであり、特にハワイウェディングなどが人気を呼んでいます。結婚式のスタイルを決めるだけで、結婚式場の選択肢は絞られるので、まずは二人で話し合ってみましょう。また、教会式や仏式、神前婚もそれぞれ形式上ではありますが、二人の愛や絆を神の前で誓うという儀式になります。そのためお互いやその実家の宗教観を考慮する必要もでてきます。自分の実家や相手の実家がそれぞれ宗教観を持っていた場合、そのどちらに合わせるのかも重要になります。実家がどのような結婚式にスタイルでもいいとなったときは、二人だけで決めてもいいでしょう。しかし、そうでない場合は宗教観はシビアな問題になるので、じっくりと話し合うことが大切になります。特に外国人と結婚するときは注意が必要です。日本人は他国民と比べて宗教に関して緩やかだとされていますが、そのような国民性は少数派だといわれています。宗教に対して過敏な国もあるので、もし外国人と結婚すると決まったときは、じっくりと話しあうことが大切になります。幸いにも名古屋には茶チャペルをはじめ、様々なお寺や神社があるので多くの選択肢があります。お寺によっても宗派がありますが、名古屋には各派のお寺が混在しているので最適なお寺を選ぶことができます。結婚式のスタイルを決めることで式場も自然と選択肢が絞られていくでしょう。

早めに予約が大切です

笑顔の新郎新婦

結婚式のウェルカムボードなどに似顔絵を入れたい方は、それ専門の業者に依頼することが大切です。似顔絵のベースとなる写真を選定し、業者に送ります。人気の似顔絵師は予約が殺到するので、早めの予約が必要になります。

Read More